Disney holiday

休日のディズニーを満喫するためのブログ

Disney holiday

混雑する休日ディズニーでも楽しめる方法をお伝えします

ディズニーにベビーカーを持ち込むべきか?

f:id:itoht12:20160606165907j:plain

小さなお子様連れでディズニーランド・ディズニーシーを楽しみたいと思われる方は多くいらっしゃると思います

そこで今回は

  • ディズニーで借りられるベビーカーの種類と料金
  • ベビーカーを持ち込むメリット・デメリット

を解説していきます

ディズニーで借りられるベビーカーの種類と料金

借りられるベビーカーの種類

ディズニーランド・ディズニーシーで借りられるベビーカーは

  • フード付B型タイプのベビーカー(リクライニング付)
  • 身長100cmかつ体重15kg位まで
  • 一人座りが可能なお子様が対象

条件的には生後半年から3~4歳のお子様が対象になりそうです

ベビーカーレンタル料金

ベビーカーのレンタル料金は1日1,000円となっています

同日に限り再レンタル可能なので一度返却してしまっても貸出証明書を提示すれば再度借りることができます

ベビーカーのレンタル場所

東京ディズニーランド

【公式】ベビーカー&車イス・レンタル | 東京ディズニーランド | 東京ディズニーリゾート

東京ディズニーシー

【公式】ベビーカー&車イス・レンタル | 東京ディズニーシー | 東京ディズニーリゾート

ベビーカーを持ち込むメリット

 家や車まで使える

朝は元気なお子様でも帰りの時間には寝てしまっている場合が多くあると思います

パーク内でレンタルできるベビーカーはパーク内で返却しなければならないため、家や車までは寝ているお子様を抱っこして連れて行かなければなりません

お土産等で手荷物がかさばる所に寝ているお子様を抱っこするのは非常に大変ですが、持込であれば寝かせたままベビーカーで移動することができます

費用がかからない

レンタル費1,000円は意外と馬鹿にならない金額です

1,000円を浮かせることで食べ歩きや買い物に費用を回すことができます

使い勝手がいい

一日中歩き回るので、やはり使い勝手のいいベビーカーを使ったほうがストレスは少なくすみます

ちょっとした押しにくさも一日中となると結構なストレスになったりします

ベビーカーを持ち込むデメリット

荷物としてかさばる

車であればあまり気になりませんが、電車で来るとなるとベビーカーは非常にかさばります

来る方面によっては満員電車に乗せなければならない場合もあるので、そういった点ではレンタルのほうにメリットがあります

盗難リスクがある

アトラクションごとにベビーカー置き場がありますが、かなりオープンなところに多くのベビーカーが置かれます

どのベビーカーが誰の持ち主かがわかるような状態ではないので、ベビーカーの盗難や取り間違いの可能性は大いにあります

雨にぬれる可能性がある

ディズニーシーのマーメイドラグーンなど一部のエリアやアトラクションを除いてベビーカーは外のオープンな場所に置かれます

アトラクションに並んでいるうちに雨が降ってきた場合などはベビーカーがぬれてしまう可能性があるので注意が必要です

ディズニーにベビーカーを持ち込むべきか

腰が座る以前は持込が必須

先述したとおり、レンタルできるベビーカーは一人座りができるお子様が対象です

腰が完全に据わりきっていない時期には利用できないためベビーカーの持込は必須です

腰が据わればレンタルベビーカーもあり

レンタルベビーカーを利用できる年齢になれば利用するのはありだと思います

特に電車でインパする場合には荷物のかさばりを考えるとレンタルベビーカーも検討したほうがいいと思います

 

我が家の場合には双子がいるのでベビーカーは必ず持ち込みです

やはり金額と利便性を考えると、できるだけ持込のほうがメリットが大きいと思います

持込が出来るのであれば、持込することをお勧めします